* とうとうたらりたらりら * 忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
azk
性別:
女性
自己紹介:
多趣味・多思想の azkです。
最新コメント
[12/13 あすか]
[12/05 BlogPetのシアン]
[12/03 あすか]
[12/01 あすか]
[06/18 みかん]
バーコード
ブログ内検索
最古記事
自由欄
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
アクセス解析
アクセス解析
[217] [215] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/09/13 (Thu)
ユナイテッド93という映画を見た。
911のあの日、ハイジャックされた飛行機の一つを題材にした映画だ。
911に合わせて、スカパーで放映されていた。
乗客役の役者達が、必要最低限の台詞しか与えられず、
あとはアドリブで進めていったと聞いていた。
それってすげーと言う単なる興味だった。

911のこと、もちろんショックだったんだけど、いまいちピンと来ていない。
恐ろしいな、可哀相だな、悲しいな、
そんな当たり前な感情があるのは当たり前なんだけど、
そこまでだった。
だからこの映画を知った時も、台詞回しとか、
実際に遺族に聞いた、被害者の最後の言葉が取り入れられてるとか、
そういう「技」部分のことしか興味がもてなくて、
たまたま「あ、スカパーでやってるじゃん、ラッキー」という感じで、観た。

ねたバレOKな私は、
結末を知っているドラマを見るのには抵抗は無いけど、
全員亡くなるとわかっている乗客の冒頭シーンでは
何ともあらわしがたい、切なさみたいな物がこみ上げてきた。

管制塔での混乱の様子とか、情報がきちんと伝わらない歯がゆさとか、
でもこれといった盛り上がりとかは特になく、
ドキュメンタリーとして淡々と進んでいくんだけど、
その登場人物一人一人にそれぞれの背景があって、
その一人一人が、とにかく必死だった。

それは、テロ実行犯達も同じで、乗客が憎くて動いているのではなく、
彼らは祈り、彼らの描く素晴らしい世界のため、その身を捧げたのだ。
弁護するわけじゃないんだけど、
イスラムの教えは、良くない事、邪悪な事を見つけたら、それは積極的に正さなきゃいけない。
つまり、悪い事をしている人を見かけたら、見て見ぬふりをして通り過ぎるのではなく
勇気を持って注意して止めさせなさい、という教えで、
邪悪を正し、善い事をすれば、天国に行けるというふうに教えなのだそうだ。
“邪悪を見つけたら、正さなければならない”
“善い事をしたら天国に行ける”
この考えを極端に解釈し自分を犠牲にしてでも邪悪を正そうとしているのが彼らということだ。
それも間違ったことに使ったらしょうがないじゃんと思っても、
映画の中では、少なくともその中では、彼らはひたすらひた向きで、
観ていて怒りが沸くわけでもなく、ただただ哀しかった。

ハリウッド映画なら大体ヒーローが現れて悪者が死んで奇跡が起こり、
飛行機を正常に立て直して無事着陸し、家族との抱擁シーンで終わるんだろうけど、
これはもちろんそうなる事はなく、黒地に白文字でナレーションが出るだけだった。

911のあの日から、世界はガラリと変わってしまった。
でも、あの日に何も起こらなかったら、変わらなかったのだろうか?

私は、言葉を尽くせば、戦争や暴力なんかなくても誰とも分かり合えるって信じてる。
でも、その言葉の意味合いさえ違う人々も多いのだ。
その言葉の違いから理解し合うことから始めなければ、
いつまでもこういうことは亡くならないと思う。
理想論なのかもしれない。
でも、そうならいいなって理想を抱くんなら、そうすればいい。
諦めないで、思い続けるだけでも違うと思う。

第2、第3のグラウンド・ゼロは何処にできてもおかしくは無い。
だけどそれが自分の隣じゃなければいいや、って思う事だけはしたくない。
PR
彼女と一緒にナマで見たなあ。
『なんか映画やってるの?』
「映画にしちゃ何か生っぽくない?」
そんなだった。
現実感がなかった。
えどわず=( URL 2007/09/13(Thu)18:55:15 編集
私も
私はニュースだって分かってたけど、
2機目が突っ込んだ瞬間を見た。
1機目の衝突で煙が上がっているのを見ながら、
「あれ?これ何?」とポカーン・・・だった。
【2007/09/13 22:45】

この映画自分は観てないけど公開されるってのを知った時、事実を元にみたいなフィクションながら他の同じような映画とは違う印象を感じましたねぇ。
映画だからってハッピーエンドってわけじゃなく...。
何か観るのが怖くていたけど、これを期に観てみようかな。
NBRK 2007/09/13(Thu)19:44:55 編集
うん。
何と言うか、ニュースだけで見ていたのとは
また違う事に気づけるかもしれない。
【2007/09/13 22:47】

私もニュースで見てたなぁ。
「え????」って感じだった。

世界的にみると確固とした宗教をもたないのは日本を含む少数の国だけらしい。
宗教の信念のために行動するとか命を賭して戦うとか私には理解できないけど、彼らの行動からは彼らなりの「正義」を感じる。
でもアメリカ国民に物申したいからって、その命をうばっちゃいけないよね><

宗教って本来は「生きるために心を支える魔法」のようなものであり、道徳の上級編みたいなものだと思う。
精神的な「どうとでも捉えられるもの」に暴力や戦争をからめるのは卑怯な気がする・・・。

乱文失礼しました><;;
ハル(*・ω・)ゞ 2007/09/14(Fri)07:15:04 編集
道徳の最上級
なるほどね・・・そうだよね。
日本は宗教は持たないけど、八百万の神を信じていた。
山にも海にも川にも神様がいて、その神様同士さえケンカをして、
私達が神をおざなりにすると容赦なく罰を与えられた。
神様は怖い物で、謙虚に生きるのが正しい、っていう気持ちも今はほとんど無いからねぇ・・・
【2007/09/14 09:18】

平和ボケしてるからね。

北の核無効化ってニュースでやってるけどオイラは信じてないよ。
vanillaice 2007/09/14(Fri)23:37:42 編集
ぼけ結構
戦争を知らない国って、いい事だと思うんだけどねぇ・・・
でも隣でドンパチ始められたら参加は免れないだろうね・・・
【2007/09/18 09:12】

この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]