* とうとうたらりたらりら * 忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
azk
性別:
女性
自己紹介:
多趣味・多思想の azkです。
最新コメント
[12/13 あすか]
[12/05 BlogPetのシアン]
[12/03 あすか]
[12/01 あすか]
[06/18 みかん]
バーコード
ブログ内検索
最古記事
自由欄
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
アクセス解析
アクセス解析
[357] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [346] [345]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/03/25 (Wed)
以前からグダグダ進展の無かった、前社長宛の貸金問題。
先月に電話をして、「少しでも入れようと思ってる」との言葉があったけど、
結局一円の振り込みも、連絡も謝罪も無く。

裁判所からの督促通知を発布しても、二度も不在で不達になっちゃうし。
その後は勤務先に送って不達になれば、
付郵便という、受けとろうが取るまいが手続きを進めると言うのが出せるというんだけど、

   まどろっこしいなあ…

司法書士の知り合いに聞いたら、強制執行した方がいいよって事だったんだけど、
それには20~30万くらいかかると言うこと。
それを相手に請求できるのか?と聞いたら微妙だってんで…

ここは思い切って、前社長宅に凸する事になった。



どっちみち、付郵便出すのに、自宅や近辺の調査をしなきゃならなかったし、
電話じゃはぐらかされて言い包められてってのがいつものパターンだったので。

行く前に、一応実家に連絡。
今まで、お金を貸してた事も知らせてなかったから。
前社長から電話が来ても取らないつもりだから、もしかしたら
会社に残っている従業員名簿から実家に連絡が行くかもしれない。
その時家族がちんぷんかんぷんだと困るから。
「もし掛かってきたら、『払ったらどうですか』ってだけ言っといて」
それに対して母
「ほんっとうに冗談じゃないねぇ!お父さんに一緒に行ってもらったら!?」
頼もしいです。もっと早く言っとけば良かった。

それから、前の会社の取引先で、直の連絡先を知っていた人に電話。
とりあえず、会社が今も存続しているかどうかを尋ねた。
あと、家を引っ越したとか聞いてるかどうかも・・・
結局、会社はあのまま、引越しも聞いてないからそのまま住んでるだろうとのこと。
その人自身も貸し金してて、その人の知り合いもびっくりするほどの金額を貸してる話も聞いた。
こりゃ・・・やっぱちょこっと痛い目見ないとわかんない人みたいだな・・・
凸することを言ったら、「あそう(笑) 穏やかにね」

そう。今回は「穏やかに」行かないとならない。
この手の事は、下手すると「脅迫」になっちゃうから。


さて、いよいよ凸。
自宅前に行くと、その部屋らしい所に電気がついてる。
前社長の車もある。
間違いない。”いる”。
電話をかける。一度目は出ない。
もう一度かける。6コールぐらいでやっと出た。
簡単に説明をし、今自宅前にいることを告げる。
間に人が入った方がいいと思ったので、
「奥さんは居ますか?」と聞くと、「居ないよ」と。
外で話しようとするので、「すぐ終わりますから玄関先でいいです」と言って
部屋に向かうと、前社長が部屋から出てきた。
奥さんが居るからどこか違う所で話そうと言う。
・・・やっぱり奥さん居るんじゃねぇかよ
ここで1カチン

とりあえずファミレスに入って早速話を始める。
まず、金額を書き出した紙を。
そこには、元金の他に、当初前社長本人が言った「月に一割」の利子の金額も。

※ここで解説。
 法律で定められた金利の上限=法定金利は、元本10万円以上100万円未満は年率18%。
 月に一割=年率120%は明らかに無理。
 でも、裁判所からの通知に応えようともしない、常識や法律が通用しない人だから、
 「あなたはこう言いましたよね?」と言う確認のために。

案の定、鼻で笑って除けられたので、そこで2カチン
そこからは、今やってる仕事の企画書とか持ち出してきて、
「今月は無理。来月なら金が動くからもうちょっと」と、
私相手に営業みたいな事をしてきたw
でも、2年近くも「もうちょっともうちょっと」と言い続けて
いつまでも払われる気配も誠意も見られなかったこと、
正直何も響かないし信用も出来ないと告げた。
それでも「無いものは無い」「今月はキツイ」
「こっちだってキツイ」「今月中じゃないと認めない」の押し問答。
結局、今月中に少し入れるとは言ったんだけど、
「じゃぁ金額はこれ(金利も含めた紙に書いた金額)でいいですね?」
「それは無理」
「じゃぁどういうつもりで『月1割』って言ったんですか?」
「・・・・・」
「言いましたよね?」
それからはダンマリ。
そしてやがて、静かに切れたのか、裁判を受ける事になった。
「その方が清々するわ」
裁判費用や弁護士費用も、かかったものは全部前社長に請求する事も了承した。

あー緊張した。
ちなみに昨夜も全然眠れなかった

今後もいろいろ面倒臭いだろうけど、頑張ろう・・・
元金は念書を書かせているので間違いなく取れるんだけど、
あとは+αでどれだけ取れるか。
2年近くもウダウダ流されて、元金だけって正直納得できない。
気持ち的には、金利としてじゃなくて、
その間の精神的なダメージに対しての賠償請求。


元金の金額的には、人によっては大した事ないのかもしれない。
セレブな富裕層な人なら「株でちょっと失敗したと思えば」って
簡単に諦めちゃう金額なのかもしれない。
でも、正直私には生活かかってくる金額なのだよ・・・
請求した金額が全額入ってこなくてもいい。
でも、何かしらこらしめたい。
「もっと早く払っとくんだった・・・」って痛い目見て欲しい。
断れない立場から二人っきりで「金貸せ」って、軽くパワハラだよね?


一応、私一人じゃいろいろ無理だったので、
一緒に行って間に入ってもらった人が居るんですが、
今後迷惑かけると困るので、その辺は伏せておきます。
助かりました。ありがとう。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]