* とうとうたらりたらりら * 忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
azk
性別:
女性
自己紹介:
多趣味・多思想の azkです。
最新コメント
[12/13 あすか]
[12/05 BlogPetのシアン]
[12/03 あすか]
[12/01 あすか]
[06/18 みかん]
バーコード
ブログ内検索
最古記事
自由欄
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
アクセス解析
アクセス解析
[274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264]
2017/06/25 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/01/12 (Sat)
おとといくらいに見た夢。

お祭りか何かのよう。町(村?)中が道端に出て、賑わっている。
ふと、遠くの空が虹色に光った。
「あれオーロラじゃない?」指すと、そのオーロラが波打ちながら、どんどん上空へ広がってくる。
わぁ~・・・とため息が漏れるほど、美しいオーロラ。
上空まで広がったところで、しぼむように消えてしまった。


街はまだ賑わっている。
その人ごみにまぎれて、男性が、まとめた荷物を肩に担いで、帰っていくところだった。
誰にも言わずに消える気だ。
このまま見過ごした方がいいのは分かってる。きっともう二度と会えない。
彼は坂を下っていき、見えなくなった。
見えなくなったとたんに不安になった。
このままでいいはず無い。二度と会えないなんて嫌だ。

私は靴紐を結びなおし、走り出した。
山道を走り続ける。
下り坂で、ふと彼を見つけた。引き返したように、こっちに向かっていた。
私は手を広げ、彼の元へ走り寄った。
彼を大きく手を広げ、私を受け止めた。
「どうしたの」
彼は何事もないかのように私に聞く。
私は首を振る事しかできなかった。
ふと道端を見ると、赤いサルがそわそわと動いていた。

それから彼といろんな話をした。と言うより、彼が一方的にいろんな話をしていた。
はしごのような所に上っていた。
手を離そうとすると止められる。
ふと足元を見ると、案外高いところに上っていた。
手を離したら落ちてしまう。
少し下っては離そうとし、でも足元を見るとまだ高い所にいる。
そうやっているまでも降りられなかった。


長い夢だった。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]