* とうとうたらりたらりら * 忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
azk
性別:
女性
自己紹介:
多趣味・多思想の azkです。
最新コメント
[12/13 あすか]
[12/05 BlogPetのシアン]
[12/03 あすか]
[12/01 あすか]
[06/18 みかん]
バーコード
ブログ内検索
最古記事
自由欄
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
アクセス解析
アクセス解析
[2] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [16] [19]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/01/24 (Wed)
耳鼻咽喉科へ行って来た。
何かもう、喉が痛いとか、異物感があるとかそういうレベルではなく、
首絞められているみたいな苦しさを感じるようになってきてしまったので…

覚悟を決め、仕事を早退し、いつも行くスーパーの近くにある耳鼻咽喉科へ。
行く前に電話すると、優しそうなナースの声で応対してくれたので、
少し緊張がほぐれた状態で行く。
行ってみると、実家の近くにある耳鼻科のような、
老舗っぽい雰囲気が漂い、何となく懐かしいような。
これでおじいちゃん先生だったらどうしよう・・・とか思いながら
呼ばれて入っていくと、案外若い先生。

一通り症状を説明し、喘息やアレルギーのことも言い、
喉の奥を見せ、鼻の中も見せ、・・・・・
そのうち、鼻の中にシューシュー液を拭きかけ始めた。
そして、ナースが持ってきた機械を持って一言。

 「じゃ、カメラ入れるからネー」

カカカカカカメラっすか!?

するとそれがかなり顔に出ていたらしく、私は何も言わなかったのに
先生「あ、小学生でもできるから、大丈夫だからね」
 ハ、ハイ・・・

そして、細いカメラは鼻からのどの奥へ・・・
いやだーーーー!!!

そこまでしたのに、想像通り、「何もありません」との事。
「しばらく様子を見て」とか言われても、もうひと月様子見てきたので、ここで聞いてみる。
 ネットで見た「ヒステリー球」に症状が似てるんですけど、
 その可能性はありますか?
先生は、敢えてその事は言うつもりはなかったらしく、もちろんその可能性が高いとの事。
でもとりあえず見ただけで何も無いと分かるだけでもストレスが減る事もあるので
様子を見て下さいって事でした。
あと、諸々な説明で、胃酸の逆流で喉に刺激がいく場合があるので
胃薬と、トローチを処方されました。

トローチまずい。おぇっ。
半夏厚朴湯どっかで売ってるかなぁ。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]